女王蜂がいない

セイヨウミツバチ巣箱Aの女王蜂がいない。産卵育児スペースをみると 卵はないが小さな幼虫は育っている。最近までは女王蜂がいたようだ。群れの個体数(現在約2.5-3万)は変わっておらず、次世代の女王室(王台)もできていないので分蜂したわけでもない。不思議。そこで、巣箱Bの産卵巣一部を巣箱Aに移した。巣箱Aの働き蜂が女王がいないことに気づき、この卵をもとに王台を形成してローヤルゼリーを与えてくれれば新女王蜂が誕生するはず。さてどうなるか。