巣箱改良

越冬用巣箱の出入口。ニホンミツバチ巣箱を断熱材で囲み,あわせてスライド式底板も長いタイプに交換。出入りのための歩行距離が長くなったけれど,離着陸には問題なく使ってもらえてるみたい。

夏秋に貯めた蜜を消費しながら群れを維持しているようで,底板には巣屑がたくさん落ちている。そろそろビワが開花する頃。冬季の蜜源も大切だ。